声帯結節とは?その原因、症状、治療法まで徹底解説!

query_builder 2024/03/06 声帯結節
この記事では、声帯結節についての基本的な知識から、その原因や症状、そして治療法について詳しく解説します。喉の不快な症状に悩んでいる人、あるいは声帯結節を予防したいと考えている人に役立つ情報が満載!

Rei Club 有限会社

ロゴ

医療国家資格を持つ言語聴覚士による、60分のマンツーマン指導を中野で実施しています。病院での治療に満足できなかった方、声に関する悩みを抱える方々に、それぞれに合ったボイストレーニングを考案いたします。

Rei Club有限会社
住所:

〒164-0003

東京都中野区東中野1-51-1

村上ビル203

声帯結節の基本とは

まずは、声帯結節とは何なのか、その基本的な知識について解説します。

声帯結節の定義

声帯結節とは、声帯の異常な変化の一種であり、声帯上皮の厚みが増してできる小さな隆起物を指します。この隆起物は声帯の振動を妨げ、声の質や音の調子に影響を与えることがあります。声帯結節は、通常、声を頻繁に使う声楽家や教師、アナウンサー、営業職など、声の使用が多い職業に従事する人によく見られます。

声帯結節は、声帯の摩擦や過度の声の使用によって引き起こされることが多いです。声帯が過度に刺激されると、声帯組織が損傷し、その結果、異常な組織の増殖が起こります。これにより、声帯の表面に小さな隆起物が形成され、声の通り道が狭くなります。

声帯結節は一般的に「ポリープ」とも呼ばれますが、声帯結節はより硬く、表面の形状も異なります。声帯結節は通常両側の声帯に形成され、声帯のどの部分でも発生する可能性がありますが、前端よりも後方部位により頻度が高いです。

声帯結節の主な症状は、声のかすれやしゃがれ、声の裏返り、声の出しづらさなどです。また、声を出す際に努力を要したり、声が途切れることもあります。これは、声帯結節が声帯の振動を阻害するため、声の質に影響を及ぼすからです。

声帯結節は、早期に適切な治療を行うことで改善が見込まれます。経過観察や音声療法などの保存的な治療法、手術が必要な場合には手術的な治療法が考慮されます。正しい診断と適切な治療を受けることで、声帯結節に悩む人々は声の健康を取り戻すことができます。

声帯結節の発生部位

声帯結節は、声帯のどの部分でも発生する可能性がありますが、一般的に後端側の声帯結節がより頻度が高いです。声帯の後方部分に形成されることが多いため、声帯結節が喉の奥の方に存在することもあります。

声帯結節は、声帯の上皮組織に変化が生じることで形成されます。声帯は長さ約1.5〜2センチメートルの帯状の組織であり、前端から後端まで均一に存在しています。声帯結節は、この声帯組織の中で特定の部分で発生することが多く、その位置によって症状や治療方法にも影響を及ぼします。

声帯結節は、声帯の震える部分である声帯軟骨と接触する部位に形成されることがあります。通常、声帯の軟骨と接触する部分は、声帯結節が形成されやすい部位として知られています。これは、声帯が振動する際に声帯結節が刺激を受けやすくなるためです。

また、声帯結節が両側の声帯に同時に形成される場合もあります。両側の声帯に声帯結節が発生すると、声の質にさらなる影響が出ることがあります。

声帯結節の発生部位は人によって異なる場合がありますが、一般的には声を出す際に最も影響を受ける声帯の振動部分に形成されることが多いです。声帯結節の発生部位は、声帯の解剖学的な構造や声の使用状況、個人の声帯の特性などによって異なる可能性があります。

声帯結節の発生部位によって症状や治療法が異なる場合があるため、適切な診断を受けることが重要です。声帯結節の発生部位について正確な情報を持ち、専門医の指導のもとで適切な治療方針を選択することが大切です。

声帯結節の原因

声帯結節がなぜ発生するのか、原因について詳しく見ていきましょう。

生活習慣と声帯結節

声帯結節の発生には、生活習慣や職業習慣も関連しています。生活習慣の中での声の使い方や環境の影響が、声帯結節のリスクを高める要因となることがあります。

まず、声を頻繁に使う職業に従事している人は、声帯結節のリスクが高まります。声楽家や教師、アナウンサーなどのプロフェッショナルな声の使用者は、長時間または高い声の使用が求められるため、声帯に負担がかかりやすくなります。

また、営業職やカスタマーサービスなど、日常的に声を使う職業に従事している人も、声帯結節のリスクが存在します。長時間の通話や発声が要求されることで、声帯への負荷が増加します。

さらに、過度な声の使用や声帯への刺激は、声帯結節の発生リスクを高める要因となります。大声での叫び声や叫び声の連続、長時間の話し続けなど、声に過度の負荷がかかる状況では、声帯結節の発生リスクが増えます。

また、タバコやアルコールの摂取も声帯結節のリスクを高める要因とされています。タバコに含まれる有害物質やアルコールの刺激が、声帯組織に悪影響を及ぼす可能性があるため、適度な摂取や禁煙は声帯の健康にとって重要です。

声帯結節を予防するためには、適切な声の使い方と声帯の負担を減らすことが重要です。声の使い方に注意し、過度な声の使用を避けること、声のリラックスや発声のトレーニングを行うことが効果的です。また、健康的な生活習慣を実践し、ストレスを適切に管理することも重要です。

声帯結節の予防やリスク低減には、自身の声の使用状況を把握し、適切な声のケアや声帯の健康をサポートする生活習慣を確立することが大切です。

性別や年齢と声帯結節

声帯結節の発生には、性別や年齢も一定の関連性があります。性別によっては特定の声帯結節のリスクが高まることが報告されており、また、年齢も声帯結節の発生に影響を与える要素とされています。

性別による声帯結節のリスクの違いは、女性のほうが男性よりも高い傾向にあります。これは、女性の声帯が男性に比べて短く、細く柔らかいため、声の使用や声帯への負担が増えることが一因とされています。また、女性の多くが声を美しく使うことを求められる職業に従事しているため、声帯への負荷が高まりやすいことも要因となっています。

さらに、年齢も声帯結節の発生に影響を与えます。声帯結節は、子どもや若年層ではまれですが、成人期になると発生のリスクが高まる傾向があります。これは、声帯の筋肉や組織が年齢とともに変化し、声帯の柔軟性が減少することが関連しています。また、年齢が上がるほど声を頻繁に使う機会が減少し、声帯への負荷が一定程度軽減されることも考えられます。

しかし、年齢が声帯結節の発生リスクに直接的な影響を与えるわけではありません。個人の声の使用状況や生活習慣、声帯の健康状態など、複数の要素が関与しています。

声帯結節のリスクを減らすためには、性別や年齢に関係なく、適切な声の使い方と声帯のケアを行うことが重要です。声帯への負荷を適度に抑え、声のリラックスや発声のトレーニングを行うことで、声帯の健康を保つことができます。

声帯結節の発生リスクは個人によって異なるため、定期的な医師の診察や声帯の状態のモニタリングも重要です。個々の性別や年齢に応じた声帯ケアを心掛け、声帯結節の予防と声の健康維持に努めましょう。

声帯結節の症状

声帯結節がもたらす具体的な症状について解説します。

声帯結節の初期症状

声帯結節の初期症状は、個人によって異なることがありますが、以下のような特徴が挙げられます。

まず、声のかすれやしゃがれが一般的な初期症状です。声帯結節が声帯の振動を妨げるため、声が通りにくくなります。声がかすれたり、声が裏返るような感覚がある場合は、声帯結節の可能性を疑うべきです。

また、声を出す際に努力を要することも初期症状の一つです。声帯結節によって声帯の振動が阻害されるため、声を出す際に力を入れる必要が出てきます。普段と比べて声を出すのに苦労したり、声が途切れることがある場合は、声帯結節が進行している可能性があります。

さらに、声の疲れや早期の発声疲労も初期症状として現れることがあります。声帯結節によって声帯の動きが制限されるため、声を長時間使用したり、声を高く出したりすると、声がすぐに疲れたり、声が出しづらくなることがあります。

初期症状が進行すると、声帯結節による影響がより顕著に現れることがあります。声のかすれやしゃがれが慢性化し、声帯の振動がさらに制限されることで、声の質や音の調子にも変化が現れます。そのため、初期症状が続く場合は、早期の診断と適切な治療を受けることが重要です。

声帯結節の初期症状は、他の喉の病気とも類似することがあります。そのため、初期症状を経験した場合は、専門医による適切な診断を受けることが必要です。声の変化や喉の不快感に悩む人々は、早めに医師の診察を受け、正確な診断と治療を受けることで、声帯結節による症状を改善できる可能性があります。

声帯結節の進行症状

声帯結節が進行すると、初期症状がより顕著になるだけでなく、新たな症状も現れることがあります。以下に、声帯結節の進行症状の一部をご紹介します。

まず、声のかすれやしゃがれが慢性化することがあります。初期症状が長期間続くと、声帯結節が進行し、声帯による振動がさらに阻害されます。その結果、声がかすれたりしゃがれたりする症状が持続しやすくなります。

また、声の裏返りや声の出しづらさが増すこともあります。声帯結節によって声帯の振動が制限されると、声が正常に発生されず、声の裏返りが生じることがあります。また、声を出す際の困難さや声の途切れ感も一層増してきます。

さらに、声の高音域や低音域への制限も進行症状として現れることがあります。声帯結節によって声帯の振動が不安定になるため、声の音域が制約されることがあります。高音や低音の出しにくさ、声の音域の狭まりを感じる場合は、声帯結節が進行している可能性があります。

さらに、声の疲れや声の断片化も進行症状に含まれます。声帯結節によって声帯の振動がさらに制限されると、声を長時間使用すると疲れが早く現れ、声が断片化してしまうことがあります。声が途切れたり、音が飛んだりする症状が現れる場合は、進行した声帯結節の可能性が考えられます。

声帯結節の進行症状は、声の質や音の調子に大きな影響を及ぼします。進行症状が現れた場合は、早急に専門医の診察を受けることが重要です。適切な治療を行うことで、声帯結節による症状の進行を防ぎ、声の健康を取り戻すことができます。

声帯結節の診断方法

声帯結節が疑われる場合、どのように診断を行うかについて解説します。

診察による診断

声帯結節の診断は、主に医師による診察によって行われます。医師は、患者の症状や声の変化を詳しく聞き取り、喉の内視鏡検査を通じて声帯の状態を観察します。

診察時に医師は、患者の声のかすれやしゃがれ、声の裏返り、声の出しづらさなどの症状を評価します。また、声の高音域や低音域への制限、声の疲れや断片化なども観察対象となります。これらの症状が声帯結節によるものであるかを判断するために、正確な診断を行います。

喉の内視鏡検査は、声帯の状態を詳細に観察するために行われます。医師は、喉に細い管状の内視鏡を挿入し、声帯を直接確認します。これにより、声帯結節の有無や位置、大きさ、形状などを確認することができます。内視鏡検査は、痛みや不快感を伴わない非侵襲的な検査であり、正確な診断のためには欠かせません。

診察と内視鏡検査によって声帯結節が確定診断されれば、その後の治療方針が立てられます。診察による診断は、声帯結節の原因や進行状況を把握し、最適な治療法を選択するための重要なステップとなります。

声帯結節の診断は、診察と内視鏡検査を組み合わせることで行われます。正確な診断を受けるためには、症状や悩みを医師に正直に伝え、適切な検査を受けることが大切です。早期の診断と適切な治療を受けることで、声帯結節による症状を改善できる可能性があります。

検査による診断

声帯結節の診断をより詳細に行うためには、検査が行われることもあります。以下に、よく行われる声帯結節の検査方法をいくつか紹介します。

まず、声帯結節の検査方法として一般的なのは、声帯超音波検査です。この検査では、声帯結節の有無や大きさ、形状を超音波の音波で観察します。医師は、喉に特殊な超音波プローブを当て、声帯の内部を可視化します。この方法によって、声帯結節の位置や深さ、組織の厚みなどを詳細に調べることができます。

また、声帯結節の検査には、CTスキャンやMRI(磁気共鳴画像法)が利用されることもあります。これらの検査は、声帯結節の詳細な形状や位置を確認するために行われます。CTスキャンはX線を用いて複数の断層画像を取得し、声帯の状態を立体的に観察します。一方、MRIは磁気と無線信号を利用して、より詳細な声帯の画像を得ることができます。

さらに、声帯結節の検査には、組織を細胞レベルで評価する組織生検も行われることがあります。組織生検では、声帯組織のサンプルを採取し、顕微鏡下で詳細な検査が行われます。これにより、声帯結節が良性であるか悪性であるかを確認することができます。

これらの検査方法は、声帯結節の診断をより確実にするために行われます。医師は、症状や内視鏡検査の結果を踏まえ、必要に応じてこれらの検査を追加で行います。正確な診断を受けるためには、医師の指示に従い、適切な検査を受けることが重要です。

声帯結節の検査は、声帯の状態を詳細に把握し、最適な治療法を選択するために欠かせません。正確な診断を受けることで、適切な治療を行い、声帯結節による症状の改善や予防に努めることができます。

声帯結節の治療法

声帯結節の治療について、具体的な方法や進行について詳しく説明します。

保存的な治療法

声帯結節の治療には、保存的な治療法があります。保存的な治療法は、手術を避けて、薬物療法や音声療法などを通じて声帯結節の症状を緩和する方法です。

薬物療法は、声帯結節の症状を軽減するために使用されます。例えば、抗炎症薬やステロイド薬が処方されることがあります。これらの薬物は、声帯の炎症を抑えたり、声帯組織の浮腫を緩和したりする効果があります。また、喉の保湿を目的とした喉のスプレーや湿潤剤も使用されます。薬物療法は症状の軽減に効果がある場合がありますが、根本的な治療にはなりません。

音声療法も保存的な治療法の一つです。音声療法は、声帯の使い方や発声法の改善を目指し、声帯結節の症状を改善するためのトレーニングです。音声療法では、呼吸法や発声方法の指導、声の使い方の調整などが行われます。これにより、声帯への負荷を減らし、正しい発声を促すことで声帯結節の改善を図ります。音声療法は個々の症状に合わせたカスタマイズされたアプローチが行われるため、専門家の指導のもとで行われることが重要です。

保存的な治療法は手術に比べて非侵襲的であり、一部の患者にとっては有効な選択肢となります。しかし、保存的な治療法は症状の緩和や改善に主眼が置かれるため、声帯結節そのものを治癒させるわけではありません。特に声帯結節の症状が進行している場合や重度の症状がある場合には、手術的な治療法が検討されることもあります。

保存的な治療法は、声帯結節の症状を改善し、声の健康を回復させるための重要な手段です。医師や音声療法士との協力のもと、適切な治療法を選択し、声帯結節による症状の軽減や予防に努めましょう。

手術的な治療法

手術的な治療法は、保存的な治療法が効果的でなかったり、声帯結節の症状が進行している場合に考慮されます。声帯結節を取り除く手術は、声帯結節の原因や症状の程度に応じて異なる方法が適用されます。

一つの手術的な治療法としては、マイクロ手術があります。マイクロ手術では、喉の内視鏡を用いて声帯結節を切開し、除去することが行われます。声帯結節が軽度で小さな場合には、この手術方法が適用されることがあります。マイクロ手術は喉の組織へのダメージを最小限に抑えるため、声の回復や合併症のリスクを減らすことができます。

また、手術的な治療法としてレーザー手術も使用されることがあります。レーザー手術では、声帯結節を熱エネルギーで縮小・除去するためにレーザービームを使用します。この手術方法は喉への侵襲を最小限に抑え、手術後の回復期間も短くなります。レーザー手術は、特に声帯結節が比較的小さく、喉の組織への熱ダメージを最小限に抑えたい場合に有効です。

手術的な治療法は、病理解剖学や声帯結節の進行状況、患者の症状の重さなどを考慮して適用されます。手術は一般的に局所麻酔下で行われ、入院が必要ないことが多いです。ただし、手術には一定のリスクや合併症が伴う場合があり、術後の声の回復には時間がかかることがあります。

声帯結節の手術的な治療法は、保存的な治療法が効果的でなかったり、症状が進行している場合に検討されます。手術の適応や手術方法は個別の症例によって異なるため、専門医との相談や詳細な検査の結果を踏まえた選択が重要です。適切な手術的な治療を受けることで、声帯結節による症状の改善や予防に努めましょう。

声帯結節の予防

声帯結節を防ぐためのライフスタイルの工夫や注意点について説明します。

生活習慣の改善

声帯結節を予防するためには、生活習慣の改善が大切です。以下に、生活習慣の改善方法をいくつか紹介します。

まず、声を使う頻度や強度に注意しましょう。声を頻繁に使う職業に従事している場合は、定期的な休息や声のリラックスを心掛けることが重要です。長時間の発声や大声での話し声は、声帯に負担を与えることがあります。適度な声の使用や声の強さのコントロールに努めましょう。

また、喉の保湿も意識しましょう。喉は乾燥すると声帯への負担が増えます。水分を十分に摂取し、喉をうるおすことで、声帯の状態を良好に保つことができます。特に乾燥の多い季節や乾燥した環境では、こまめな水分補給や加湿器の使用を検討しましょう。

さらに、健康的な生活習慣も声帯結節の予防に役立ちます。バランスの取れた食事を心掛け、栄養豊富な食材を摂取しましょう。また、適度な運動や体を休める睡眠も大切です。ストレスの軽減も重要であり、リラックスする時間を作ったり、ストレス発散法を取り入れることで、声帯への負担を軽減できます。

さらに、喫煙や過度のアルコール摂取は声帯結節のリスクを高める要因となります。喫煙は喉の粘膜を刺激するため、喉や声帯に悪影響を与える可能性があります。また、過度なアルコール摂取は喉の炎症を引き起こし、声帯結節の発生リスクを高めることがあります。喫煙やアルコール摂取を控えることで、声帯の健康を守りましょう。

生活習慣の改善は声帯結節の予防につながる重要な要素です。声の使用法に注意し、喉の保湿や健康的な生活習慣を実践することで、声帯の健康を維持し、声帯結節のリスクを軽減できます。

発声法の工夫

声帯結節を予防するためには、適切な発声法や話し方の工夫が重要です。以下に、発声法の工夫についていくつか紹介します。

まず、正しい呼吸法を意識しましょう。深い腹式呼吸を行うことで、声帯にかかる負荷を軽減することができます。鼻からゆっくりと息を吸い込み、お腹を膨らませるように呼吸することで、声帯に適切なエネルギーやサポートを与えることができます。

また、適切な発声のポスト

声帯結節と他の喉の病気

声帯結節と似た病気や関連する病気についても解説します。

肉芽腫との違い

声帯結節と肉芽腫は、声帯に関連する病気ですが、それぞれ異なる性質と症状を持っています。

まず、声帯結節は声帯の上皮組織の変化によって形成される小さな隆起物です。声帯結節は通常両側の声帯に形成され、声帯の振動を妨げることで声のかすれやしゃがれ、声の裏返りなどの症状を引き起こすことがあります。声帯結節は声を頻繁に使用する職業に従事する人や声の使い方に問題がある人によく見られます。声帯結節の治療には、保存的な治療法や手術的な治療法があります。

一方、肉芽腫は、声帯上皮の異常な増殖によって形成される声帯の腫瘍です。肉芽腫は、発声時に声帯の異常な突起や隆起が生じ、声のかすれやしゃがれ、声の裏返りなどの症状を引き起こすことがあります。肉芽腫は慢性的な声の乱れを引き起こすことが多く、声を頻繁に使用する人や声の乱れのある発声習慣を持つ人によく見られます。肉芽腫の治療には、保存的な治療法や手術的な治療法が一般的に使用されます。

声帯結節と肉芽腫の違いは、形成される組織の性質や症状の出方にあります。声帯結節は声帯上皮の厚みなどによって形成されるますが、肉芽腫は異常な組織の増殖により形成されます。また、声帯結節は声の振動を妨げることが多く、声帯の症状に焦点が当てられますが、肉芽腫は声帯の異常な突起が問題となることがより一般的です。

声帯結節と肉芽腫は、医師による正確な診断と適切な治療を必要とする声帯の病気です。これらの疾患は患者の声の健康と関連しており、早期の発見と適切な治療が重要です。

咽喉頭異常感症との関係

声帯結節と咽喉頭異常感症(Globus Pharyngeus)は、喉の異常感や違和感を引き起こす症状ですが、その関係性についてはいくつかの観点で考えられます。

まず、声帯結節は声帯に異常な隆起物が生じるため、喉の不快感や違和感を引き起こすことがあります。声帯結節によって声帯の振動が制限されると、声がかすれたりしゃがれたりするだけでなく、喉に異物感を与えることがあります。そのため、声帯結節が存在する場合には、咽喉頭異常感症の症状を誘発する可能性があります。

一方、咽喉頭異常感症は、喉や咽頭に異常がなくても、違和感や異物感を感じる症状です。この症状はストレスや精神的な要因によるものとされています。しかし、声帯結節の存在によって喉や咽頭に違和感が生じ、咽喉頭異常感症を引き起こす場合もあります。

具体的には、声帯結節によって声の質や音の調子に変化が生じ、それによって喉や咽頭に不快感を感じることがあります。声帯結節が存在することで、声の努力や声の制御が必要になり、喉の状態に違和感をもたらすことがあるのです。

声帯結節と咽喉頭異常感症の関係性は個人によって異なる場合があります。一部の患者では、声帯結節が咽喉頭異常感症の主要な要因となる場合がありますが、他の患者では声帯結節と咽喉頭異常感症は独立した存在である場合もあります。

声帯結節または咽喉頭異常感症の症状に悩んでいる場合は、医師に相談することが重要です。診察や検査を受け、正確な診断と適切な治療を受けることで、症状の改善と声の健康を追求することができます。

最後に

声帯結節について学んだ内容を振り返り、声帯結節への理解を深めます。

声帯結節と向き合う意義

声帯結節と向き合うことは、健康的な声の使い方やライフスタイルの改善につながる重要な意義があります。

まず、声帯結節と向き合うことで、声の使い方について正しい知識を得ることができます。声帯結節が声の質や音の調子に影響を与えることを理解し、声を健康的に保つための方法を学ぶことができます。正しい発声法や呼吸法を実践することで、声帯への負担を軽減し、声の美しさと持続力を向上させることができます。

また、声帯結節と向き合うことは、自身の声帯の健康を守ることに繋がります。声はコミュニケーションや表現手段として重要な役割を果たしています。声帯結節に対する意識を高め、声の健康を保つ努力をすることで、自己表現や人とのコミュニケーションが円滑に行えるようになります。

さらに、声帯結節と向き合うことは、ライフスタイルの改善にもつながります。声帯結節の発生や症状と関連する生活習慣や職業習慣に焦点を当て、適切な声の使い方やストレス管理、健康的な生活習慣に取り組むことが必要です。声帯結節に対する理解とそれに伴う行動の変化により、全体的な健康意識が高まることでしょう。

声帯結節と向き合うことは、声の健康とともに、個人の自己成長や自己啓発にもつながるものです。声を通じた表現力や自信の向上、コミュニケーションスキルの向上など、さまざまな面でプラスの影響を与えることが期待されます。

声帯結節と向き合うことで、声の使い方を改善し、健康的な声の持続を図ることができます。自己の声に対する意識を高め、専門医の指導や適切なアドバイスを受けながら、健康な声を取り戻す努力をすることが重要です。

適切なアドバイスと相談

声帯結節に向き合う際には、適切なアドバイスや専門医への相談が重要です。

まず、専門医からの適切なアドバイスを受けることは、声帯結節の治療や予防において不可欠です。医師は、正確な診断と適切な治療方法を提案してくれます。声帯結節に悩む場合は、専門医に相談して早めに診察を受けることが大切です。医師が症状を評価し、必要な検査や治療を提案してくれるでしょう。

また、声帯結節の治療や声の健康に関しては、音声療法士からのアドバイスも役立ちます。音声療法士は声帯結節の発声習慣を評価し、声の使い方の改善や発声法のトレーニングを指導してくれます。声の専門家からの指導は、個人に合わせた声のケアやトレーニング方法を学ぶことができます。

さらに、同じ経験をした人々やサポートグループとの相談も有益です。声帯結節に悩む他の人々の経験やアドバイスを聞くことで、自身の症状や治療方法についての理解が深まるでしょう。また、サポートグループやオンラインコミュニティに参加することで、情報交換や精神的な支えを得ることができます。

声帯結節に関しては、個々の症状や治療方法によって異なる結果が出ることがあります。そのため、専門医の適切なアドバイスと、自身の体験や他の人々との相談が重要です。自分自身の声帯結節について正確な情報を把握し、専門家との協力のもとで適切な対策を講じましょう。

Rei Club 有限会社

ロゴ

医療国家資格を持つ言語聴覚士による、60分のマンツーマン指導を中野で実施しています。病院での治療に満足できなかった方、声に関する悩みを抱える方々に、それぞれに合ったボイストレーニングを考案いたします。

Rei Club有限会社

〒164-0003

東京都中野区東中野1-51-1

村上ビル203